講師は銀座老舗BARの現役ラウンジピアニスト。何をどう練習すれば良いか分かりにくいジャズピアノ・ポピュラーピアノをコード理論を元にわかりやすく、体系的にレッスンします。

eラーニング講座”JELP”

  • HOME »
  • eラーニング講座”JELP”

江古田Music School ではジャズピアノ独習用のオリジナル教材をコロナ禍に開発しました。

”Jazz Essence -for Lounge Pianist”(略称:JELP)

ジャズピアノスキルや理論を60本の動画にまとめたもので、通常のレッスンペース(1ヶ月につき1時間レッスン×2回)で1年~1年半ぐらいかけて伝える中上級レベルの内容を18時間に凝縮し、それらを60本の動画に分割したものです。

“JELP” は eラーニング専門のプラットフォーム(edulio)にて購入者のみに限定配信

遠隔の方向けにオンラインご利用のみを目的とした販売もしていますし、近隣の方向けには「eラーニング講座で予習 + リアルで質問・実践」という「ハイブリッドレッスン」の形態でのご利用をオススメしています。

“JELP” の特徴

#50冊以上の理論書・教本の中から実用性の高い理論・スキルを選んで構成!

(銀座の現役ラウンジピアニストが現場の視点で、実際に役立つ内容を徹底セレクト。延べ200人・通算6,000時間以上のレッスン経験で編み出した「本には書いていない」独自のわかりやすい分析・解釈、実用的なテクニックも満載!)

#60本の動画を少しずつ学びながらJAZZの重要パターンを体系的に習得!

動画1本あたりの平均時間は約18分。マイペースで無理なく進めます。弾く技術にフォーカスしがちなクラシックレッスンと違い「頭を使う要素が強い」ですが、いわゆる「勉強」が得意な方であれば、本講座”JELP”との相性はかなり良いでしょう。(脳トレ効果も期待できるかも!?)

#わからない部分を教材作者に直接質問できるサポート付き!

※こちらは有料オプション。2,000円/30分で利用可能。オンライン(zoom)、教室でのリアル応対、どちらもご利用可能です。”JELP”は独習のサポート教材ですが、いざと言う時の解決手段が有るのと無いのとでは全然違います!

#ニューノーマル時代の学び方改革を支える抜群のコスパ!

通常レッスン約30時間に相当するエッセンスを60本動画にギッシリ集約。(全18時間にまとまっているのは、生徒さんが弾く時間や、雑談などのコミュニケーション、板書に要する時間などがカットされているのが理由です。)大手音楽教室で同様の内容を履修した場合の費用の目安は20万円程度と思われます。 

“JELP”のご利用方法 ~ニーズ・レベルで選ぶ3パターン ~ 

月額3,600円×10ヶ月  TOTAL 36,000円(税込)の「サブスク方式」

② 1年間アクセス権を26,000円(税込)で購入する「一括割引方式」

③ 江古田Music School の※入会特典として12,000円(税込)で利用(※半年以内に6回以上のレッスンを受ける事を条件とさせて頂きます。アクセス権は初回レッスンから1年間です。)

上記のように①、②、③の3パターンのご利用方法をご用意しております。

教材開発者としてのイチオシは③の江古田Music Schoolの入会特典としてご利用頂く方法です。オンラインの良さ(マイペースで繰り返し視聴できる)とリアルレッスンの良さを活かした「ハイブリッドレッスン」こそが、私の理想形態なので、全60講義(約18時間)の専門学校レベルの動画教材を12,000円で提供というあり得ない価格設定になっています。

月1回以上のペースで江古田Music School に通える方であれば、選ぶべきは③の一択です!!

しかしながら

・遠方にお住まいで江古田までは通えない

・レッスンではなく、あくまで独習の補助教材として利用したい

・そもそも続くかわからないから、低価格で一度試してみたい

今までのレッスン経験から、人それぞれのニーズがある事も把握しております。

そんなニーズのために用意しているのが、①「サブスク方式」、②「一括割引方式」です。

①「サブスク方式」のメリットは、最安(と同時に最短)3,600円で1ヶ月のみのご利用を可能にしている所です。

JELPは「音程」や「コードの仕組」など基本的な解説から始め、Aポジション・Bポジションなど王道のヴォイシングを学び、転回形・テンション変化・リズムパターンを組み合わせたそれらの応用バリエーションも身に着け、最終的にはAvailable Note Scale , Upper Structure Triad , 4度堆積和音などの様々なワザとミックスしながら自由自在に音楽を組み立てられる事を目的としています。したがって、基礎から応用レベルまでのコンテンツが体系的・網羅的に編集された構成になっています。

しかしながら、体系的・網羅的であるが故に、学習者のレベル・ニーズによっては「その全ては必要としない」というケースも十分にあり得ます。

「サブスク方式」は、講座のご視聴を必要とする期間のみ、月額3,600円でご利用頂ける形態です。ただし、一般的なサブスクと大きく違う点は、課金期間が10ヶ月で終了、つまり36,000円という上限が存在する事です。

(つまり、気づかない内に2年も3年もダラダラと課金され続ける事はJELPでは起こり得ません!)

※厳密には36,000円で1年間アクセス有効。10ヶ月分の支払いが完了した時点で、2ヶ月は無料で自動延長される設定です。その後さらに延長を希望される場合は、1年間分を3,600円(つまり当初の1ヶ月分相当の料金)で延長更新可能な仕組みを設定しました。この延長についても、自動更新される事はなく、必ずこちらからご意志の確認をさせて頂きます。

サブスク or 一括購入 で迷っている方へ

教材の開発者として本講座”JELP”で伝えている理論・スキルについて、それらの習得に要する時間目安を書いておきます。(※10年以上のピアノ経験者を前提としました。実際には個人差もあるのであくまで目安として・・・)

レベル1:『観る』

≒ 60講座を一通り見てジャズ学習のアウトラインを掴む・・・18時間

レベル2:『わかる』

≒ 60講座の内容(理論・スキル)について概念を理解する・・・36~54時間

レベル3:『使える』

≒ 講座で紹介した理論・スキルを一応使える・・・90~180時間

実際にはこの先に、レベル4:『使いこなす』(≒理論・スキルを完全に自分のモノにし、場面に応じて自由に応用し、それぞれのスキル同士をミックスしたり、アレンジしたりしながら、新しいテクニックを編み出せる)というステージもありますが、ひとまずはレベル3までの話にしておきます。レベル3の段階に達したならば、後は一人で応用・発展可能、講座からは卒業すべきです。

何が言いたいかといえば、「観る」だけなら1ヶ月でも可能ですが、「使える」レベルを目指せば、経験者でも1年間ぐらいはかかるでしょう、という事です。

教材開発者の本音としては、1年間のアクセス権を26,000円(税込 サブスクのトータル金額より10,000円お得)でご購入される事をオススメします。

一括支払いによる費用のインパクトを抑えたい場合は、カード決済もご利用頂けますのでご自身で支払いを分割設定して頂く事も可能です。

それでも、サブスクを利用するメリットがあるケースは

●ニーズが限定的な場合 (全60講義の中で、興味ある項目が絞られる場合)

●7ヶ月以内に講座内容をマスターする自信がある方(この場合7ヶ月が分岐点になり、7ヶ月の場合はトータル25,200円で一括購入方式の26,000円よりもお得。半年以内に集中して履修する事で経済的に安く済ませる事がモチベーションにつながる方はこれもアリ!)

●26,000円の一括購入前に、掛け捨ての形にはなるが3,600円で試したい方

主に上記3ケースに集約されるでしょう。

①、②、③ ご自身の環境・レベル・ニーズに合わせて、ご検討ください。

ジャズピアノの中・上級理論・スキルを60本の動画で体系立てて効率良く学べる独習サポートプログラム”Jazz Essence – for Lounge Pianist”

お求めになりたい方は、eラーニングシステム”edulio”のサイトよりお手続きください。

https://tlp.edulio.com/proffesional.lounge.piano/cart/index/tab:696

※現在、全講座の最終確認・調整を行なっている段階につき、2021年1月22日(金)までは、①、②については若干お得な内容でご利用できます。

①サブスク方式は 初月のみ半額(1,800円お得)

②一括購入方式は、26,000円 ⇒ 24,000円 (2,000円お得)

YouTube動画から興味を持ち、ジャズピアノ学習全体像の「ロードマップ」を入手したい方は、下記リンクよりダウンロードください。

(PDFダウンロードだけであれば個人情報登録一切不要・無料です!)

http://ekoda-music.com/wp-content/uploads/2020/09/16c35eeac365c0ad5a34f80ac7f82fc9-1.pdf

PAGETOP